梅田の内科【大阪市北区藤川内科クリニック】we have english speaking stuff

HOME リンク集 サイトマップ
医師紹介 企業検診・一般健診 女性の悩み 男性の悩み お問い合わせ

Towards foreign tourists

女性の悩みに
膀胱炎
頭痛
不眠症

外来予定・診療時間
【診療時間】
午前9:30から13:00
午後2:30から5:00
最終受付時間
午前12:40まで・午後4:40まで
初診の方の受付時間
午後4:15終了
【休診日】
日曜祝日・水曜日午前・土曜日
【診療科目】
内科
【専 門】
一般内科(生活習慣病)
消化器、消化器内視鏡
【院 長】
藤川圭一


 

Our medical clinic has English speaking staff
藤川内科クリニックは認定産業医が地元企業の従業員の健康診断(各種企業検診)に即応いたします。

膀胱炎

膀胱炎の症状

膀胱炎の痛みでよく言われるのが、「しみるような痛み」です。これは、尿の貯蔵庫である膀胱が、細菌感染によって膀胱炎になり、膀胱の内側が敏感になっているために起こります。膀胱炎が軽い場合、自覚症状がないこともあります。膀胱炎の主な症状は、「何度もトイレに行きたくなる」、「排尿後に痛みがある」、「残尿感」、「尿が白く濁ったり、血が混じることがある」などです。初期の膀胱炎の場合、トイレに行く回数が増え、排尿してもすっきりしない、残尿感が残ります。尿が白く濁ったり、時には血が混じる血尿が出ることもあります。また、排尿の最後の方や、排尿後に痛みを伴ってきます。膀胱炎がさらに悪化すると、腎盂腎炎や腎臓への感染が起こる場合があります。膀胱炎の疑いのある症状が出た場合、早めに病院で受診しましょう。


膀胱炎の原因

膀胱炎の原因は、細菌感染であり、細菌の感染は、細菌が、尿道から膀胱に侵入してくることで起こります。もともと、膀胱内の尿には少量の細菌が存在しており、膀胱は細菌への抵抗力があります。しかし、疲労やストレスなどで、体力が落ち抵抗力が弱くなると、細菌に感染しやすくなり、膀胱内の細菌が増殖することで膀胱炎になります。膀胱炎は、圧倒的に男性より女性に発症しやすい病気です。女性の尿道は男性に比べ短かく、細菌のいる膣や肛門、尿道が近くにあり、外部からの細菌が膀胱に入りやすくなっています。膀胱炎の原因となる細菌感染は、尿道付近の膣や肛門が排便後の拭き残しなどで、清潔に保てなかったり、不衛生な状態で性行動をすることで起こります。また、ストレスがたまっていたり、過労やダイエットで体力が落ちることで、抵抗力が弱くなり、細菌感染しやすくなります。


膀胱炎の予防

膀胱の主な働きのひとつである排尿は、尿道や膀胱に存在する細菌を尿で洗い流す役割があります。しかし、尿意があるのにトイレに行くのを我慢することを繰り返すと、細菌感染が起こり、膀胱炎の原因になってしまいます。膀胱炎の原因は、日常のちょっとした心がけで改善することができます。
膀胱炎の予防として、「菌を入れない」、「菌を増やさない」、「身体の抵抗力を落とさない」ことが挙げられます。「菌を入れない」というのは、膀胱の中に菌を入れないということです。生理ナプキンやおりものシートは、3時間おきなど、こまめに交換するようにします。また、外陰部を清潔に保つように心がけ、排便後はお尻を前から後ろへ拭くようにしましょう。性行為をする場合、行為前には、自分も相手も、シャワーを浴び、身体や手指を清潔にし、行為後は排尿する習慣をつけ、尿道や膀胱に入った細菌を排出するようにします。「菌を増やさない」というのは、膀胱内で菌を増やさないということです。膀胱に貯まっている尿には菌がいます。トイレを我慢し、膀胱に尿を溜め込むことを続けていると、尿の中の細菌により、膀胱に炎症を起こしやすくする可能性があります。トイレは我慢せず、尿意がなくても、3~4時間ごとに、トイレに行く習慣をつけ、膀胱内の細菌を早めに排出するようにします。また、排尿をスムーズにするためにも、水分をたっぷり摂るようにしましょう。


〒530-0027
大阪府大阪市北区堂山町1-5三共梅田ビル4階
TEL 06-6313-3850
Copyright(c) 藤川内科クリニック All rights reserved. produced by FARO