梅田の内科【大阪市北区藤川内科クリニック】we have english speaking stuff

HOME リンク集 サイトマップ
医師紹介 企業検診・一般健診 女性の悩み 男性の悩み お問い合わせ

Towards foreign tourists

医師紹介
院長略歴ごあいさつ
認定産業医とは

外来予定・診療時間
【診療時間】
午前9:30から13:00
午後2:30から5:00
最終受付時間
午前12:20まで・午後4:20まで
初診の方の受付時間
午後4:15終了
【休診日】
日曜祝日・水曜日午前・土曜日
【診療科目】
内科
【専 門】
一般内科(生活習慣病)
消化器、消化器内視鏡
【院 長】
藤川圭一


 

Our medical clinic has English speaking staff
藤川内科クリニックは認定産業医が地元企業の従業員の健康診断(各種企業検診)に即応いたします。

認定産業医とは

産業医とは、事業場において労働者が健康で快適な作業環境のもとで仕事が行えるよう、専門的立場から指導・助言を行う医師を云います。産業医学の実践者として産業保健の理念や労働衛生に関する専門的知識に精通し労働者の健康障害を予防するのみならず、心身の健康を保持増進することを目指した活動を遂行する任務があります。


産業医の要件

1996(平成8)年の労働安全衛生法の改正により「産業医は労働者の健康管理等を行うのに必要な医学に関する知識について厚生労働省令で定める一定の要件を備えた者でなければならない」と規定されました(安衛法第13条第2項)。ここで定められている一定の要件とは以下の通りに定められています。

(安衛則第14条第2項)
(1)厚生労動大臣が定める産業医研修の修了者。 これに該当する研修会は日本医師会認定の産業医学基礎研修と産業医科大学の産業医学基本講座があります。
(2)労働衛生コンサルタント試験(試験区分保健衛生)に合格した者。
(3)大学において労働衛生を担当する教授、助教授、常勤講師の職にあり、又はあった者。
(4)厚生労働大臣が定める者。
社会情勢の変化とともに目まぐるしく変わっていく職場環境で産業保健サービスも最新で高い水準が要求されます。生涯研修の受講など資質の継続的な向上に努め、産業保健スタッフの中心となって活躍する義務を負っています。


事業者の義務

事業者は、常時50人以上の労働者を使用するに至った時から14日以内に産業医を選任する必要があります。また、産業医を選任した際は遅滞なく所轄労働基準監督署長に届け出る義務があります(安衛法第13条、安衛令第5条、安衛則第13条第1項・2項)。産業医に欠員が出た場合も同じく14日以内に選任し遅滞無く所轄労働基準監督署長に届け出なければなりません(安衛則様式第3号による届出)。


嘱託産業医

常時50人以上で999人以下の労働者を使用する事業場における産業医の選任形態は、嘱託(非常勤)で可能です。ただし有害業務に従事している労働者が500人以上になると専属産業医が必要となります。わが国の産業医は大部分が嘱託産業医であり、開業医や勤務医が日常診療の傍ら産業医の業務を担っている場合が多く、地域社会を基盤とした、かかりつけ医機能の役割も兼ね備えた積極的な活動が期待されます。





〒530-0027
大阪府大阪市北区堂山町1-5三共梅田ビル4階
TEL 06-6313-3850
Copyright(c) 藤川内科クリニック All rights reserved. produced by FARO