梅田の内科【大阪市北区藤川内科クリニック】we have english speaking stuff

HOME リンク集 サイトマップ
医師紹介 企業検診・一般健診 女性の悩み 男性の悩み お問い合わせ

Towards foreign tourists

男性の悩みに
高血圧
高脂血症
糖尿病
痛風
不眠症

外来予定・診療時間
【診療時間】
午前9:30から13:00
午後2:30から5:00
最終受付時間
午前12:20まで・午後4:20まで
初診の方の受付時間
午後4:15終了
【休診日】
日曜祝日・水曜日午前・土曜日
【診療科目】
内科
【専 門】
一般内科(生活習慣病)
消化器、消化器内視鏡
【院 長】
藤川圭一


 

Our medical clinic has English speaking staff
藤川内科クリニックは認定産業医が地元企業の従業員の健康診断(各種企業検診)に即応いたします。

糖尿病

糖尿病とはインスリンというホルモンの作用が低下したため、体内に取り入れられた栄養素がうまく利用されずに、血液中のブトウ糖(血糖)が多くなっている状態です。膵臓からのインスリンの分泌不足による場合(インスリンが足りない状態)と、肥満などによるインスリンの作用(効果)が出にくいの場合(インスリンが有っても血糖値が下がらない状態)とが有ります。(または、両者の組み合わさった状態。)*インスリンとは血糖値を下げるホルモンです。

糖尿病の症状

成人に多い糖尿病(2型糖尿病)では、多くの場合無症状で始まります。この無症状の時期に糖尿病を発見することが重要です。(健康診断などで)糖尿病がひどくなると尿が多くなる、のどが渇く、お腹がすく、体重が減る、疲れやすい、手足のこむらがえり(足がつる)等の症状が出ます。時には意識障害(糖尿病昏睡)となることも有ります。


こんな人は要注意

1 朝食前の空腹時の血糖値が110mg/dl以上の場合 
2 食後2時間目の血糖値が140mg/dl以上の場合
3 食後2時間目頃の尿糖が陽性の場合
このような場合には、糖尿病の詳しい検査をする必要が有ります。
(健康な人の血糖値は、朝食前で70~109mg/dlです。)
(空腹時の尿糖は陰性でも糖尿病の場合が有ります。)


糖尿病の診断

【血糖値での診断】
朝食前血糖値126mg/dl以上または、食後血糖値200mg/dl以上のいずれかが、2回以上確認されれば、糖尿病であると診断されます。

【ブドウ糖負荷試験での診断】
糖尿病が疑わしい場合にはブドウ糖負荷試験を行います。(ブドウ糖75gを飲んでその前後に何回か血糖値を測定します。)
▼正常型
空腹時血糖値110mg/dl未満かつ2時間後血糖値140mg/dl未満
▼糖尿病型
空腹時血糖値126mg/dl以上または(かつ)2時間後血糖値200mg/dl以上
▼境界型
正常型でも糖尿病型でも無いもの
過去に糖尿病と診断された人や糖尿病網膜症のある人で、現在は血糖値が落ち着いている人も、糖尿病と診断します。


よくある合併症

【糖尿病神経障害】
合併症の中で最も早く出てくるのがこれです。中心となる末梢神経障害の足や手の症状の出かたはさまざまで、手足のしびれ、けがややけどの痛みに気づかないなどです。そのほか筋肉の萎縮、筋力の低下や胃腸の不調、立ちくらみ、発汗異常、インポテンツなど、さまざまな自律神経障害の症状も現れます。
【糖尿病網膜症】
目の底にある網膜という部分の血管が悪くなり、視力が弱まります。中には失明する場合もあります。また、白内障になる人も多いといわれています。
【糖尿病腎症】
おしっこを作る腎臓の、糸球体という部分の毛細血管が悪くなり、だんだんにおしっこが作れなくなります。すると人工透析といって、機械で血液の不要な成分をろ過して、機械でおしっこを作らなければなりません。週に2~3回、病院などで透析を受けるようになるので、日常生活に大きな影響を及ぼします。現在、人工透析になる原因の1位がこの糖尿病腎症です。


〒530-0027
大阪府大阪市北区堂山町1-5三共梅田ビル4階
TEL 06-6313-3850
Copyright(c) 藤川内科クリニック All rights reserved. produced by FARO